新婚さんにぴったりの家具とテーブル

新婚さんがまず用意したいのは、電化製品はもちろん、テーブルです。華やかな新婚生活のスタートのために、家具はすべて新調したいという人もいるでしょう。あると便利なのは、ソファーやベッド、テーブル、椅子、などなど色々あります。その中でも、食事をするためのスペースとなるテーブルは重要な家具のひとつです。これがないと床に置いて食事をする、なんていうことにもなりかねないので、計画的に準備しておきましょう。購入するときには、基本的に2通りの考え方があります。いま現在のことだけを考えて二人用のものを選ぶか、将来家族が増えてもいいように大きめのサイズを購入するか、ということです。どちらの場合もメリット・デメリットがあるので、ここで確認していきましょう。

ダイニングの生活を快適にするためのテーブル選び

とりあえず二人分の席が確保できればいいというのであれば、小さめのテーブルを用意してもいいます。メリットは安いことです。新婚さん用の家具などを選べば、より安く買える可能性もあります。だいたい80~120cm(長辺)くらいの長さを基準にしてデザインを選んでみるといいでしょう。必要なときだけ広げられるような変形式のテーブルを選ぶという方法もあります。ただし、あまり小さいものを選んでしまうとテーブルの上でパソコン仕事などもしたいという時には不便な可能性があります。デスクワークで使ったり、洗濯物を広げたり、新聞を広げるなどという予定がある場合はなるべく大きいサイズを選んだほうがいいでしょう。後で揉めないように、必ず二人で相談して決めるようにしましょう。何をしたいかを確認しあっておくといいです。

将来のことも考えて購入する場合

将来子供が生まれて、家族が増えることを考えて大きめのテーブルを購入しておくという方法もあります。だいたい120~140cm(長辺)くらいのサイズだと4人用として使いやすいです。大きめサイズは小さいものより値段が高くなりますが、デスクワークなど多目的に使えるというメリットがあります。食事の時に食べ物でテーブルが一杯で窮屈、ということも防ぐことができます。新婚さんにぴったりの家具と一口に言っても、将来の家族のことまで考えて買うのか、それとも今とりあえず二人で使うために買うのか、によって選びかたは異なります。テーブルの場合は広めのサイズを選んでおけばデスクワークにも使えるというメリットがありますが、大きければすべてが万事OKというわけではないので、よく考えて買いましょう。

幅広い年齢の方からご指示頂いております。 一本の大木の表情を最大限に活かした、世界でたった一つのテーブル「一枚板テーブル」。 インテリアに精通した方にもご支持いただいています。 天板の厚みは約37mmと約30mmから選択することが可能です。 様々な空間や家具と馴染むようデザインされた各種テーブルは、無垢材の質感とデザイン性を楽しめるます。 家具やテーブルをお探しなら専門店の家具蔵へ