テーブルと家具の配置で部屋の雰囲気を変える

新婚生活に欠かせない物の一つとして家具がありますが、どんな配置がベストなのか悩んでいる方におすすめの家具の配置の仕方をご紹介します。新居に引っ越しとなると、家具の配置だけでお部屋の雰囲気が全然違ってくるので、家具のバランスや大きさを把握して、まず頭の中でイメージを膨らませましょう。頭の中でイメージできたら、紙に書いてさらに細かい場所の配置まで決めます。これを行うことによって、実行する際にスムーズに行動できるはずです。大きい家具で、ベッドやソファー、テーブルなどがありますが、友達やお客様が来たときに一番目に入りやすいものなので、慎重に配置する必要があります。また、インテリアとも組み合わせやすい配置を心がけると、後々になって楽かもしれません。

オシャレにみせる家具の配置のポイント

お部屋をどのような感じにしたいのか、どのように魅せたいのかで家具の配置は決まります。お部屋を広く見せたい方は、ベッドやソファーは部屋の角に配置し、それを基準に他のインテリア、テーブル、細かな家具を配置しましょう。棚や、ボックスを使用して仕切りを作るのもお部屋を広く見せるコツのひとつです。お部屋をすっきり見せたいという方は、窓の側には家具を配置しないことを意識すると良いです。窓の近くに家具があると少しゴチャゴチャしたように見えますので、生活感が出やすくなってしまいます。自分が行動する範囲に家具を配置しないことで広くスッキリとしたお部屋に見せることが出来ます。お部屋の間取りを利用し、それを上手に使うことがオシャレな家具の配置につながり、インテリアとの組み合わせもしやすくなるはずです。

テーブルと家具の合わせ方について

リビングに置くテーブルがありますが、これらの配置の仕方でもお部屋の雰囲気が変わってきます。リビングに置くテーブルは大体がテレビの前に置いてソファーがあってという感じです。リビングに置くテーブルはテーブルを基準にソファーなどの配置をすることが出来ます。ソファーをL字型に置いたりしても良いかもしれません。リビングを広く見せたい方は低めの家具と組み合わせることをおすすめします。低めの家具をチョイスすることによって、視覚的圧迫感が少なくなり、スッキリ広く見せることが可能です。テーブルの上に観葉植物を置き、おしゃれに見せることが出来ます。ソファーの横やテレビの側に置くことによって部屋のワンポイントになります。観葉植物はどの場所に置いても素敵なインテリアに変身してくれるので、なにか物足りなさを感じたら購入しても良いと思います。